リフォームの手順

羽毛布団リフォーム

リフォームの手順

当店がお薦めしている羽毛ふとんリフォームは、側地を取り除き、中身の羽毛だけを完璧に洗う『本洗い』方式で古くなった羽毛ふとんを新品同様によみがえらせる事ができます。
水がキルトの内部に充分に浸透できない「丸洗い」に比べ、汗・皮脂を洗い上げ、元の新品同様の羽毛に復元できます。

画像の説明
  1. お預かり・解体
    羽毛ふとんを丁寧に解体し、中の羽毛を取りだします。

    画像の説明
  2. 洗浄(分別洗い)
    重曹を富士山麓の伏流水で溶解し、その水を用い洗浄し、羽毛本来の成分を守りつつ、付着したファイバーやチリ・ホコリなどの汚れを完璧に洗い流します。※重曹はベーキングパウダーとして利用される食品であり、7%の水溶液は人工透析に使用されるほど安全な物質で、排水しても完全に生分解されますので環境に負担をかけません。

    画像の説明
  3. 除塵・乾燥・冷却
    羽毛ふとんを乾燥・冷却します。

    画像の説明
  4. 計量・補充
    乾燥後、羽毛を検査し、シングルサイズは200g、ダブルサイズは300gの羽毛を補充します。
    または、お客さまご指定の羽毛量を補充することもできます。

    画像の説明
  5. 仕上げ
    新しい側生地に羽毛を入れ、熟練の職人が縫製します。

    画像の説明
  6. お届け
    見違えるようになった羽毛ふとんを客さまのお手元まで、責任をもってお届けいたします。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional